#27 足がこんなに暖かくなるなんて、びっくりしました Nさん44歳女性

症例報告

眩暈とホットフラッシュを何とかしたいと、通院し始めました。
眩暈は、よくなったり、少し後退したりで、まだ満足いくほどには改善していないのですが、今日はびっくりしたことがありました。

私は、30歳くらいで体重が40kgくらいで、冬はとても寒く辛い思いをしていました。子どもを産んでから太って、今では50kgの真ん中くらい。太ったせいで、冬も寒くないのだと思っていました。
ところが、今日、お灸を受けましたが、そのあと、足が本当にポカポカしたのです。あ、これが普通なのだな、とうれしくなりました。

Nさんは、良性頭位眩暈と診断され、耳鼻科で処方された薬を飲んでいらっしゃったのですが、あまりはかばかしくなく、本年春から来院いただいて、本日で10回目になります。
一時、眩暈は無くなったのですが、また少し再現していらっしゃるようです。Nさんは、受験関係のお仕事をしていらっしゃって、秋から冬がとっても忙しく、それも影響しているのかも、とおっしゃっていました。

頚椎・胸椎の繋がり辺り、左右にとても激しいコリがあり、こちらに鍼をし、灸も使います。それとは別に、今日は下肢ががちがちで、触っても冷たくは感じないのですが、この硬さは、筋肉疲労性のものではなく、過緊張を起こしているようにみえ、また腹の触診から、三陰交に灸頭鍼を2回しました。

施術後、足の緊張がゆるんで、ご本人のご感想になったのだと思います。

ここで重要なことは、ご本人は冷えを感じていらっしゃらない、また実際、下肢を触っても冷たくはない、しかし温めると気持ちがいい、という感覚のずれが生じている、という点です。

体調の不良は、このような自覚との感覚のずれを放置していることで、悪化していきます。鍼や灸の重要な働きのひとつに、身体がどうであるのかを、身体に教える、という点があります。我々の身体は、その状態を、誤って理解していることが多いのです。

※ 写真は、うちのネコ「こむぎ」です。彼は、海苔が大好き。安倍川を作っていると、飛んできて、くれーくれーとせがみます。

タイトルとURLをコピーしました