強力に舒筋(じょきん)することで、ストレス性の肩こりを

身体へのヒント

本院では、基本的にできるだけ少ない鍼数での施術を試みます。

しかしながら、気滞(きたい)と呼ぶ、ストレス性に起因する肩こり(筋肉硬化症)などでは、肩甲骨下部などに鍼を深めに刺入し、強力に筋肉をゆるめることが効果的な場合があります。

写真は、菱形筋・肩甲下筋・棘下筋などの筋肉へのアプローチ中の写真です。派手に刺されているようにみえますが、患者さんのダメージは、見た目と裏腹に大きくありません。

タイトルとURLをコピーしました