神田橋條治先生と鍼灸

エッセイ

私どもの治療院には、気分障害などのメンタルダメージを得られた患者さんが、よくいらっしゃいます。うつや、睡眠障害、愛着障害など、私見では「病」という言葉から得られる深刻度までいかない患者さんも多く含まれています。

こういう患者さんは、鍼灸で「治る」のでしょうか。

軽はずみに「治る」などということはできませんが、多くの方は症状が「改善」されます。これは「冷えについて #7」で書いたように、自律神経の調整が重要なキーになると思います。

有名な精神科の医師である神田橋條治先生は、身体意識を高めることで、自らの精神バラスを整え、病症から脱する方法を説いていらっしゃいます。これも、自律神経調整ということになると思います。

鍼灸、気功、ヨガ、瞑想など、いろいろな方法が存在していますが、どの方法でも目指す目的地は同じで、その手段が違うだけだと思います。

タイトルとURLをコピーしました