Staff Blog

エッセー

初春の不快な身体感覚について

花粉症であるので、抗ヒスタミン剤や、坑鼻炎剤も飲んでいて、いつも身体の重だるさを感じているのだけど、それとは別に、身体の中心に熱があり、それが身体を温めようとする。身体は、まだ季節は冬だと判断している...
Staff Blog

「合理性」に取り囲まれた社会で、どう生きればいいのだろう

最近、弁護士の方と打ち合わせをする機会が多く、思うことも多い。 ひとつ、たぶん彼らの職業文化は「係争になったときに、勝てるかどうか。どうやって勝つか」が第一のテーマであり「係争を避けるには、どうしたら...
Staff Blog

『可愛い嘘のカワウソ』が好きなのだ

こんなに見ていて無条件に幸せな気分になれる絵は、久しぶりかもしれない。 筆のような、水彩のようなタッチは、鳥獣戯画のようであり、物語は (単純なエピソードであることがうれしい) 初期のディズニーのよう...
Staff Blog

世界的に、政治の季節なのだろう

わが国も、安倍晋三ー菅義偉-岸田文雄と変遷してきた。いずれもそれなりの問題を抱え、過大評価されたり、過小評価されたりして、現在に至る。 そんな時代に、何か政治学の本でもと思っていたら、図書館で岡義武『...
Staff Blog

美しい蓋物を作っていただきました

亡くなった両親を、出来合いの壺に納めるのは嫌だったので、無理をお願いして、蓋物を作っていただく。波佐見の藍水さん。 茶事が好きだった母のと、囲碁が好きだった父のと。
Staff Blog

『ハワーズ・エンド』E.M.フォースターを読む

久しぶりに読書する。1879年生まれのイギリス人が、1910年に書いた、ロンドンとその郊外で繰り広げる、主に3人の人間についての小説。訳したのは吉田健一。480ページ余り。「人と人の間の理解はどのよう...
Staff Blog

「科学とは何をなすものなのか」を考える

今さら、といわれるかもしれないが、山本義隆は私にとっては古典である。 いまは『十六世紀文化革命』を読み直している。 15世紀の大学アカデミズムや、人文主義的なルネッサンスが、17世紀の華々しい自然科学...
Staff Blog

『五重塔』幸田露伴を読む

今は無き、谷中感応寺塔建立を巡る職人の話。人々の意地と思惑とが交錯し、登場人物全員が悲劇的運命に犯される話。 明治24年の作。そうかぁ、この文章は、古典落語なのだな。地口と会話の区別が朧な点とか、歌う...
身体へのヒント

冷え、痛み、不快な皮膚感覚は、どうして発生するのか

ヒートテックを何枚も重ね着して来院されて、室内が寒いとおっしゃる。手も足も、腹も頭も、私の手のひらよりあったかいのに、部屋に寒さを感じるとおっしゃる。 私が触れると、冷たいといい、やがてくすぐったいと...
身体へのヒント

運動はしなくていい、体操をすればいい

痛みや眩暈、頭痛といった病症は、その原因を一つに特定することは難しい。ほとんどの場合「原因」の複合的な組み合わせによって発生しているからである。 原因が一つではないのだから、何か一つの対策によって、症...