その他の施術

1.吸玉・吸角・カッピング/すいだま・きゅうかく

コップのようなガラス玉を皮膚に密着させ、強く吸引します。血の流れが悪く停滞しているときや、神経による痛み、不眠などの施術に使います。

※写真上:肌に吸着しているところ。写真下:血行不良の場所は深紅・紫色に反応します。この状態なら1週間~10日ほどで元の肌に戻ります。

カッピング(吸玉・吸角)には、美容以外にも多岐にわたる効果があります
吸角 (カッピング)は、どこで受けても効果があるのでしょうか。サロンなどで受けても大丈夫なのでしょうか?注意点もあるようです。こちら。カッピング(吸玉・吸角)は、美容に効果的というお話があります...

 

2.耳鍼/みみばり・みみしん

耳は全身の組織や経絡と密接な関わりを持っていて、対応する臓腑や組織器官の調子を整える効果があります。鍼や円皮鍼を使って、アレルギーや花粉症の施術に活躍します。

 

3.頭皮鍼/とうひしん

頭部も全身の組織や経絡と密接な関係を持っています。整形外科疾患をはじめ臓腑、組織器官の調子を整える強力な効果があります。写真は、頭以外に頸部にも鍼を刺しています。(写真の、頭部に刺しているものを「頭皮鍼」といいます)

 

4.刺絡/しらく

 瘀血(おけつ)は血が滞り沈殿した状態。さまざまな病症を引き起こします。西洋医学では「抹消静脈系の微小循環障害」と理解されています。これを解決するため、少し切皮を行い些少な血液を吸玉を使って体外に出します。これを刺絡(しらく)といい、関節リウマチ・アトピー性皮膚炎・腰痛を初めとして広い病症に効果を発揮します。