症状別ガイド

東洋医学は、腰痛・頭痛・不眠といった個別の病症に対して対策を行うのではなく、自らの治す力を高めることでそれらの病症を治していくという考えですから、本来は、ある病気についてはこの方法というような対応関係はありません。

しかしながら現代では西洋医学的な病名が一般的に使われていますから、それらを無視して「あなたは肝腎両虚証ですから、補肝益腎を行います」と東洋医学的な説明をしても意味が伝わらないでしょう。

そこでこのセクションでは、西洋医学的な病名・病症を挙げ、それを本院ではどのように対策するのかについて解説します。

鍼灸は、肩凝り・腰痛・膝関節痛などの痛みに対する施術が主であるように思われがちですが、実際は一般に思われているよりも幅広い症状や疾患に効果がみられます。

肩・腰・関節の痛み

婦人科系疾患

アレルギー疾患・代謝障害

運動器・スポーツ系障害

こころ(メンタル)ダメージ

タイトルとURLをコピーしました